英才教育の情報を集めて、子供の潜在能力を伸ばしてあげましょう!

2010年01月13日

英才教育

英才教育という言葉を耳にしたことがある方は多いことでしょう。


英才教育とは、早期教育とも呼ばれ、
子供が小さいうちに「教育」を始めることです。



教育とは、文字や数字、英語、スポーツなど、
これらの勉強を一般的に始める時期より早くから学ばせることです。



英才教育と聞くと、
何か一つに集中し、
のばすために知識などを詰め込むことというイメージが強いものですが、
英才教育を行うことは知識の詰め込みではなく、
子供の考える力に手を加えて、
その考える力を大きく伸ばすこと
です。



考える力が大きく伸びることで、
好奇心や集中する力も大きく伸びる
と言われています。



また、英才教育をと考える場合、
眠っている能力を引き出すのにもっとも重要といわれているのは
0歳〜3歳までといわれています。



もちろん、
この時期に英才教育を行っていなければ、
子供の能力を引き出すことはできないというわけではありません。


ですが、
日本では胎児・乳児の時から英才教育を行う超早期教育・
小学校に入学前の未就園児とよばれる子供が
対象の場合がほとんどといえるでしょう。



スポーツや英語などは
子供が小さい頃から学ばせるという方も多くなりましたが、
これらも英才教育の一種といえるでしょう。


【関連する記事】
posted by はれママ at 20:36| Comment(0) | 英才教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。